Information

日常生活で感じるQ&A

今、75歳で一人暮らしをしていますが、財布や鍵を置いた場所を忘れてしまい、時々自分で 困ることがあります。これは、最近よく聞くアルツハイマー病ですか?

日常生活で物忘れをするというのは多くありますね。脳細胞は年々数が減ってきますし神経同士の連絡も悪くなってくるので、忘れっぽくなるのは当然のことです。しかし、忘れっぽいというのを自覚できているので、年齢による物忘れと考えても良いと思います。
認知症は日常生活に支障が出ていること、そしてそれを自覚していないことが診断で重要です。子供は記憶力に優れていると言いますよね。でも、忘れるのも実は、早いんですよ。

お母さんに頼まれた事をすぐ忘れてしまうでしょう?
しかし皆さまは子供が認知症だなんて思わないでしょう。忘れたことに対してご自身でショックを受けて思い込んでしまい病気を作ってしまう恐れもあります。

うちのお母さんは35歳です。最近忙しいと言っていますが、夜眠れなくて 困っているらしいのです。何か薬はありますか?

お母さんの不眠は心配ですね。人間はストレスなどで眠れなくなってしまいます。
睡眠をとるだけなら、睡眠薬を使います。考え事をして眠れないときは安定剤を使用します。
どちらに当てはまりますか?不眠症でも寝付きの悪いものと途中で起きてしまうものもあります。一度医者に相談してみると良いですよ。

高血圧、高コレステロールで薬を飲んでいます。 何種類も飲まなくてはならないので、なんとか減らしたいと思っていますが、 何かアドバイスをいただけませんか?

高血圧の薬は何種類も出ていますが、今第一選択になっているのはARBもしくはカルシウム拮抗薬という種類の薬です。
この2種類を飲んでいる人はかなり多くおられると思いますが、この4月これらの薬が一緒になった合剤というのが発売されました。
またカルシウム拮抗薬とコレステロールの薬の合剤も発売されています。
しかし、新しい薬なので1年間は2週間処方しか出来ないのです。 本格的に拡がってくるのは来年の4月以降になりますね。

おじいちゃんは55歳ですが、最近一緒に歩いていても、僕についてこれなくなりました。 歩幅が狭くなったと言いいます。おじいちゃんは病気なんでしょうか?

年齢と症状から考えるとパーキンソン病が考えられます。

パーキンソン病は脳の中の運動をつかさどる部分の細胞が減ってしまい、ドーパミンという神経伝達物質がうまく作れなくなってしまい生じる病気です。震えや筋肉のこわばり、スムーズに動けないなどの症状が特徴的ですね。ゆっくり進行してきますが、良い薬もたくさん出ています。

病状に合わせて、適切な薬を選択してもらい服用すれば、日常生活も快適に過ごせるはずです。担当のお医者様とご相談しながら治療を進めてくださいね。

花粉症の注射があると聞きましたが、副作用も 危険と聞きました。どうなんでしょうか?

花粉症に対して、症状がひどい場合、ステロイドの注射を行います。 しかし、作用時間の長いステロイドであるため、決してお勧めするものではありません。副作用など理解したうえで検討をお勧めします。

アカシクリニック
〒505-0126 岐阜県可児郡御嵩町上恵土1285-1
TEL:0574-66-6611 FAX:0574-67-6615
休診日:日曜日・土曜日午後・木曜午後
※ 診療時間外でも対応可。