内科・外科

巻き爪

巻き爪の種類

巻き爪巻き爪陥入爪は爪の角がトゲのように、軟部組織(肉)に刺さって炎症を起こした状態のことを言います。

巻き爪は、爪が横方向に巻いている状態を呼びます。

陥入爪(まき爪)の原因は3つあります。
深爪、足に合わない靴、ぶつけた場合の状態です。

特に深爪が主な原因としてあげられます。

 

巻き爪の原因

巻き爪の原因深爪をすると歩いた時に床からの力で軟部組織が爪の縁から持ち上げられ、その軟部組織が爪を押して巻き爪になります。
また、靴下が破れてしまうので爪の角を切って深爪にしてしまう人もいます。  
爪をぶつけると、爪の縁の軟部組織が腫れて持ち上がり爪を押すので、 巻き爪になる可能性が高いです。  

靴も原因の一つです。
ハイヒールなどのトゥー・ボックスの狭い靴を履くと、自然と爪が押されるので深爪をしがちになります。
 逆に大き過ぎる靴も巻き爪の原因になります。

 例えば、長靴は靴の中で足が動きすぎるので、爪が押されます。
 先の丸い紐靴をおすすめします。

 以前は切ったり、抜いたりしてしまうお医者さんが多かったようです。  
当院では町田先生の考案された、多摩メディカル社製のマチワイヤー という形状記憶の針金を使用し、痛みなく巻き爪処置に取り組んでいます。

 

巻き爪でお困りの方は一度ご相談ください。 TEL:0574-66-6611

巻き爪でお困りの方は一度ご相談ください。 TEL:0574-66-6611

TEL:0574-66-6611

アカシクリニック
〒505-0126 岐阜県可児郡御嵩町上恵土1285-1
TEL:0574-66-6611 FAX:0574-67-6615
休診日:日曜日・土曜日午後・木曜午後
※ 診療時間外でも対応可。