院長の未来への日記

気づき

来年は東京オリンピック。

昭和39年に東京で行われて、55年ぶりにまたやってくる。

世代的には次のオリンピックの時には僕は、今の世の中にはいない計算になる。

だって、55年後といったら、110歳近くになっているから・・。

 

でも、55年後、魂の残し方なんて科学が発達して、魂さん、一緒にオリンピックを見に行きましょう

なんて話になるかも?

 

この100年の文明の発展はすごいなあと思うけど、自然破壊もすごいですよね。

そろそろ人類も気がつく頃なのにとも思うけど、この便利な世界に住んでいる自分も

共犯者なんだよなあ・・・。

 

本日の教訓:自分に気がつく

知らない事

世の中には知らないことが沢山ありますね。

えーっ!なんて、驚くこともしばしば。

 

先日、車に乗っていた時、前を走る車のナンバーをふと見たら

名古屋 33F は ●●●● となっていた。

 

識別番号の33Fというのは何なんだ?

外務省の車?高官の車?

いやいや、普通の兄さんが乗っている・・・。

 

調べてみると、去年の1月から希望ナンバー制の中で、識別番号にアルファベットを入れれるように

なったんだそうだ。知らなかった〜。

 

全部知るわけにはいかないが、新しい情報はどんどんと吸収した方が、やはりいいな。

 

本日の教訓:素直になる。

                  

七夕

昨日は七夕でしたね。毎年曇りますね、この頃は・・・。

新暦の7月7日はまだ梅雨のさなかで星空もよく見ないことが多いですね。

旧暦の七夕は現在の8月なので夜空もきれだったんですね。

天の川に輝く琴座のベガが織姫(織女星)で、鷲座のアルタイルが彦星(牽牛星)。この2つの星と白鳥座の

ネブを結んだものが「夏の大三角形」と呼ばれ、夏の星座を探す目印になっています。

白鳥座は、二人の橋渡し役となるカササギです。

 

この時期は短冊をかけますね。

笹竹に短冊をつるして願い事をするようになったのは、江戸時代からだそうです。

手習いごとをする人や、寺子屋で学ぶ子が増えたことから、星に上達を願うようになったそうです。

本来はサトイモの葉に溜まった夜露を集めて墨をすり、その墨で文字を綴って手習い事の上達を願います。

サトイモの葉は神からさずかった天の水を受ける傘の役目をしていたと考えられていたため、

その水で墨をすると文字も上達するといわれているんですって。

 

歴史って紐解いてみると面白いですね。

 

本日の教訓: なぜ、何といつでも興味を持って行こう。

                  忘れていた自分に出会えるかも・・。

未来

何かを始めよう、これをやり続けようと思った時、どうすればうまくいくのか?

これができたら、みんな成功者じゃん?っていうことになるのだが、出来ないからうまくいく人

とうまくいかない人が出てくるのである。

 

じゃあ、うまくいく人はどんな人だろう?

決断して、動いた人。

答えはそれだけ。なんだって声が返ってきそう・・。

 

でも、結果を決めて、それに対して動けばことはなされる。

とても単純。

 

未来の自分、それが出来た自分に目を向けるだけ。

痩せたい!痩せた自分、こんなことができるぞって。

禁煙した自分、空気がうまいぞって。

会社を立ち上げた自分。一流社長さんたちと会合で話をしている。

 

そう、結果をより明確に思い描き、その時の匂い、風景、聞こえる音までも想像してみる。

あとは、行動するだけ、それも今すぐ、大量に。

 

さあ、簡単だ。今すぐ決めよう、自分の未来を。

 

本日の教訓:未来は手に入った。

                   何をする?

 

 

最新情報

先週、抗加齢学会、通称アンチエイジング学会に行ってきました。

どう長生きするかではなく、どういう生き方をするかというのがその会の発足の目的でした。

医者からナース、薬剤師、美容関係の人まで他業種が参加する学会です。

 

その中で、おーっと思ったのは、癌の早期発見の話。

今は遺伝子系の検査をする事で、癌が体にあるかないかが分かってしまうんですね。

さらには、線虫という虫を使って検査をすると、いとも簡単にがん細胞の有無がわかるということも

研究されているんです。

癌は、どんどん早期発見されていく時代になっていきますね。

治療も、薬剤メーカーの利権がかかった、何千万円もかかって治らない治療から、

もっと本質をついた治療が出てくるでしょう。

 

本日の教訓:本質はどこにある?

                  本物を見つけよう。

たい焼き

数年前にたい焼きやと称する店が一時ブームになった。

白いたい焼きといって、少しもちもちのたい焼き。

 

そのうちたい焼き屋は無くなっていってしまった・・。

ブームというのはなんとも儚いのか。

 

 

よく、スーパーマーケットにお好み焼き屋たこ焼き、たい焼きの売っているお店がある。

最近のスーパーではよくみる光景ですね。

そこでたい焼きを購入した時の話。

たい焼きはもちろん身がしっかり詰まって、アンコが尾っぽまであるのがまさに理想。

でも、限定と書いてあったのでミルククリームたい焼きというのを買ってしまった。

 

そこで、食べてみると中身が無い・・。たい焼きは空洞になっている。

そう、作り手のお姉さんが小麦粉の時汁をケチっていたので空洞になっていたのだ。

 

ショーック!

 

本日の教訓:買う店は選ぶ事

 

 

歯医者

先週、ご飯を食べていたら歯が欠けてしまった・・・。

やむなく、歯医者へ。

 

仕事の合間で、なかなかいけなくて、もう数年行ってなかったなあ・・・。

 

治療開始。

昔と違って、機材もものすごく進化しているんだと実感。

麻酔器具一つ違う。

歯医者=キーンという音、痛い

 

それがもう根底から覆されてしまう。

 

世の流れについていかないとと感じた、歯の治療でした。

 

本日の教訓:新しいものは新しいとして受け入れる。

認知症と運転

最近高齢者の交通事故がテレビでよく報道されている。

僕自身も仕事柄、公安からの認知症診断の書類をもらい診断をしている。

しかし、多くの方が、自分は認知症では無い、自分はいたって正常だと言い張るのが常である。

 

認知機能低下の一つの症状としては、怒りやすい、キレやすいというのもあるだろう。

 

キレやすいという話で言えば、先日往診に行った時の話。

 

小さなT字路で、細い方から出ようとしたら、向こうから軽自動車が突っ込んで入ってきた。

下がるには距離があったし、大きめに回ってその車の右側に出た方が良いと咄嗟に考えた私。

グイグイ入ってこようとするので、やむなく急いで行動した。

そうしたら、75歳過ぎくらいの男性が、いきなり窓を開けて、ウインカーぐらい出せと怒鳴ってきた。

「ウヒョー!そちらさんが周りも気にせず突っ込んでくるから、出す余裕もないでしょ!」というのが僕の意見。

でも、ウインカー出せなかったので、すみませんと謝罪した。

でも、よくよく考えると、あのおじいさんは認知機能低下が出ているんだと思い、放置してはいけなかったなと

反省した。でも、そんなこと言ったら火に油だったよな・・。

 

家族に任せるしかないですね、そういう場合は。

 

自分は大丈夫と思っていること自体が危険信号ですからね。

 

本日の教訓:車は武器。

                   

挨拶

挨拶は大事です。コミュニケーションツールである。

おはよう!とか、さようなら!とか、元気ですか?とか。

アメリカやドイツとか西洋圏に行くと、ホテルでも、家の近くでも、会うとハーイとか

グッドモーニングとか簡単な挨拶をする。

特にエレベーターに乗ると必ずハーイ!って。

私は怪しい人ではありませんよという、自己表現なのかな?

もちろん、見るからに怪しそうな人は別ですよ・・。

 

先日、外国のホテルで、日本人ぽい女性たちが乗ってきた。

日本人か、外国人か?

向こうからハーイ!って言ってきた。英語堪能、どうやら中国の人らしかった。

ハーイって返して、良い朝だねとか少し喋っておいた。

違う日にまた日本人ぽい人。

ハーイと言ってみたら、無視された。

そうしたら日本人だった・・・。

 

怪しかったのか?

 

本日の教訓:文化の違いはあるものの、人間皆同じ。

                  仲良くしようじゃ無いか。

 

 

天気

5月も後半に入ってきました。

今週は夏日は続くとのことで、熱中症に注意しないといけません。

体はまだ春モードなのに、天候は夏。

体がついていかないですよね。

 

地球の地軸がずれてきているんですって。

だからこんな天候の変化が起こるんだって、有識者の人が言っていました。

それでも環境に適応して生きていかなくてはいけませんからね。

 

今を大事に、そして、未来を大事に。

 

本日の教訓:先を見据える

                  目標設定をしっかりしよう。

戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC